鈴木舞

鈴木舞
群馬県前橋市出身。日本大学芸術学部音楽学科卒業、同時に優等賞、学部長賞を受賞。在学中、ソリストとして日本大学芸術学部管弦楽団と共演。日本大学大学院芸術学研究科博士前期課程音楽芸術専攻を修了(修士論文「フルートにおけるフレンチ・スクール~モダン・フルートの開発から現代への継承~」)。2008年、ソロリサイタルを開催。これまでにフルートを橋本郁夫、白尾彰の両氏に、室内楽を藤田乙比古氏に師事。フリーのフルート奏者として在京オーケストラへの客演を中心に、室内楽、ソロ等でも演奏活動する他、東京都公立学校講師として特別支援学級における音楽教育にも力を注いでいる。フルートアンサンブル・トリプティークとして日本フルートコンヴェンション2007 TOKYOアンサンブル部門金賞(第1位)を受賞。(株)ヤマハミュージックメディア発行『フルート教本 基本のその上』のレパートリー模範演奏を担当。同録音は(株)友ミュージックの携帯サイト「BRASS BAND CLUB」から配信されている。

使用楽器:Pearl Flute 総銀製Handmade Opera(頭部管=Vivace/ローズゴールド14Kリップライザー)