樋口貴子

樋口貴子

武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科卒業、桐朋学園大学音楽学部研究科修了。オーケストラ、室内楽、ソロ等で演奏活動する他、2004年から 2008年まで静岡県立沼津西高等学校芸術科フルート非常勤講師を務める。その後渡独し、ドイツ国立マインツ音楽大学修士課程を最優秀の成績で修了。在学中、ドイツ国立トリアー歌劇場にて期間契約団員、マインツ歌劇場にてJunges Ensemble Philharmonie団員を務め、ドイツ国内公演や国営放送収録等に参加。2010年帰国。

これまでにフルートを仲戸川智隆、白尾隆、Karlheinz Zöller、白尾彰、Dejan Gavric、ピッコロをEleonore Ciupka、Eva Abelsの各氏に師事。第8回大垣音楽祭新人オーディションに合格。フルートアンサンブル・トリプティークとして日本フルートコンヴェンション2007 TOKYOアンサンブル部門金賞(第1位)を受賞。第15回びわ湖国際フルートコンクール入選、ならびにオーディエンス賞を受賞。