渡邉加奈

渡邉加奈桐朋学園大学短期大学部、同専攻科修了。パリ12区立ポールデュカス音楽院をフルート、室内楽共に1等賞で卒業。帰国後、室内楽、吹奏楽、オーケストラなどで演奏活動を行う他、作曲、編曲活動にも力を注ぐ。レ・スプレンデル音楽コンクール入選、パリUFAM国際コンクール審査員満場一致の1等賞受賞、フルートアンサンブル・トリプティークとして日本フルートコンヴェンション2007 TOKYOアンサンブル部門金賞(第1位)を受賞。

これまでにフルートを阿部博光、白尾彰、白尾隆、カトリーヌ・カンタンの各氏に、室内楽を小泉浩、中川昌巳、白尾偕子、ジャン・ルイ・カペツァリ、ジャン・ピエール・サブレの各氏に、作曲を坂本日菜、岩田学の各氏に師事。パトリック・ガロワ、フェリックス・レングリ、アラン・マリオンの各氏のマスタークラスを受講。現在ガレリア・ウインドオーケストラ、フルートアンサンブル・トリプティーク各メンバー。

自身のフルート三重奏用編曲楽譜《チャイコフスキー「四季」より》が銀座山野楽器本店、村松楽器新宿店などで販売されている。